うつ病 サプリ

うつ病に効くサプリランキング!

 

うつ病の基礎知識

 

うつ病とは精神疾患の一つで、様々な原因で発症します。強い憂うつ状態が長く続き、普段通りの生活が送れなくなってしまう病気です。

 

うつ病の原因

 

うつ病が発症する原因は生活の中の多くの場所に隠されています。例えばストレスや身体の病気、環境の変化などがあげられます。同じ環境下にいてもうつ病になる人とならない人がいます。このことから、その人が元々持っている性質も関連してくると言われています。

 

うつ病の検査方法

 

うつ病の診断と治療は精神科で行われます。うつ病に当てはまる症状が複数認められると、うつ病と診断されます。まず最初にカウンセリングを行い、うつ病になったきっかけを探していきます。そこから症状に合わせて治療や投薬で改善をしていきます。

 

うつ病は目に見えない病気ですので、症状や進行具合が分かりにくい病気です。治療中は、自分の症状や身の回りの出来事をしっかりと把握しておくと良いでしょう。

 

治療方法

 

うつ病の治療方法は、十分な休養を取ることと薬による薬物療法があります。うつ病になる方は真面目な性格の方が多く、休養することに抵抗を感じるという方も少なくありません。

 

しかし、うつ病と診断されたら、心と身体をしっかりと休ませて治療に専念することが大切です。うつ病は、放置しておいても治りません。医師と相談しながら、仕事や学校を休み、治療に専念しましょう。

 

うつ病の薬物療法は抗うつ剤が中心となります。抗うつ剤は摂取することで抑うつ気分を取り除き、うつ病にともなう不安感や緊張を和らげてくれます。通常の生活に戻っても、暫くは薬物療法を受けましょう。うつ病は再発率が高いので、予防のため薬物療法を続ける必要があります。

 

うつ病になったらまずやること

 

うつ病は初期症状の時点では自覚症状が少なく、様々な症状が出てきてから治療を受けるというケースが大半です。うつ病になってしまった場合、焦らずじっくりと治療することが大切です。

 

まず最寄りの精神科へ

 

うつ病の症状が現れたらまず最寄りの精神科へ行きましょう。現代社会ではうつ病は身近な病気となっているため、精神科の敷居も低くなっています。少しでも異変を感じたら、すぐに適切な治療を受けましょう。早い段階で治療をすることにより、短期間で回復することもできます。

 

自分の現状、症状、希望をまとめる

 

治療の前にまずカウンセリングが行われます。現在の環境、症状、心理状態など詳しく問診されます。受診の前に自分の現状をある程度まとめておくと良いでしょう。

 

うつ病の症状の一つに集中力の低下があげられます。そのような状態の方はカウンセラーと話しながら自分の現状を整理すると良いでしょう。

 

また、仕事をしている方や通学している方は、自分の希望する治療方法を相談すると良いでしょう。治療に専念したい場合は診断書を貰い、職場や学校に提出します。診断書があれば休職、休学の手続きがスムーズに行えます。

 

症状が重篤な場合や医師に勧められた場合は退職、退学も視野に入れましょう。無理をして病状が悪化しては治療も進みません。無理をせず治療に専念しましょう。通院をしながら普段通りの生活を希望される方は、医師としっかりと相談し、定期的に通院するようにしましょう。

 

家族、周囲の人に現状を伝える

 

うつ病というと一昔前は偏見を持たれていた病気ですが、近年は身近な病気と認識されています。また、症状によっては周りの援助も必要になってきますので、まず家族に現状をしっかりと伝えましょう。

 

必要な場合は職場や友人などにも伝えましょう。特に職場は、症状によっては休職や退職の可能性も視野に入れなければなりません。また、できるなら仕事量を減らしてもらい、自分の負担を少しでも軽減するようにしましょう。

更新履歴